【電力事情】

2011年の震災の教訓から、全国的に更なる節電の要求が高まり、
各家庭だけでなく、企業に対しても、大幅節電要求へとなっております。

ただ、企業の節電は、家庭での節電とは異なり、
工場等の機械を止めて、生産調整を行う事は難しく、
下手すれば、死活問題となってしまいます。

すでに、かなりのコストダウンを行っている中で、
これ以上切り詰める事は、容易ではありません。

【機械以外での方法】

となると、生産調整以外での方法はとなると、
エアコンの設定温度を調整したり、照明を落とす方法等がありますが、
これにも限界があり、下手に調整を行うと、作業効率が下がり、
余計に悪化させる可能性が高いのです。

【現在の照明事情】

現在、使用されている照明は、事務所等では

蛍光灯

工場・倉庫などの高所用では

水銀灯

が主なのですが、長時間使用、使用個数が増えると、
思わぬコスト高を生んでいます。

工場などでは、生産機械に使われる電力量が大半をしめています。

なので、照明の電力量は、あまり意識はされなかったのですが、
実はかなりの電力を消費しております。

例えば、100灯水銀灯が設置されている工場は、

使用水銀灯W数 400W
使用灯数     100灯
年間使用日数  300日
1日の点灯時間 20時間
電気代(1Kw/h) 20円

で年間の使用電力量を計算すると

1灯当たりの1時間  1hの電気代  1日の使用時間  年間使用日数 1灯当たりの年間電気代
(400W ÷ 1000W) ×   20円   ×   20時間    ×   300日    = 48,000円

となると、100灯では

4,800,000円

の電気代になります( ※ 計算し易くするために、電力基本料金を考慮しておりません。)

この1灯当たりの電力を落とすことによって、節電が行えないか?

そこで、国がLED等での照明での節電を呼びかけ、提唱してきました。

認知度も上がり、企業努力のお陰でコストダウンも、かなり進み、
電力量は削減することが出来ましたが、LED照明で、すべての場所を
カバーする事は難しく、使用用途によっては、電力量は下がったが
作業に影響が出るようになることが判ってきました。

それは、工場や倉庫で使用している水銀灯に対してです。

さて、どこがどう影響したのでしょうか?

長文になるので、今日はここまでです。

Author Profile

yuuzenhttp://www.yuuzen.co.jp/
こんにちは。
株式会社ユウゼンの 「井上 学」 と申します。
地上デジタル用の浴室テレビ関連を専門に扱っております。
大手ソフトウエア会社3社でプログラマー・SEの経験後、大手製造業・ファブレス企業の地上デジタル関連製品でのプロダクトマネージャー職を経験後、独立いたしました。
地上デジタル製品を製造側の立場として提供してまいりましたが、地上デジタル化で、お悩み、お困りになられている方々が以外に多い事に気づきました。
これまで製品に携わってきたノウハウを生かして、少しでも皆様のお役に立ちたい。
それが純粋な私の気持ちです。
2013年度から新たに、倉庫・工場で使用されている水銀灯の代替え製品『LVD無電極ランプ』の展開を始めました。 『LVD無電極ランプ【エコ太郎】』は大幅電力ダウンが可能な優れもの。さらにLEDよりも長寿命、太陽光に一番近い照明で、ランニングコスト・メンテナンス費用も大幅に抑える事が可能です。眩しく無いのに明るい照明なので、作業効率UPにも貢献し、企業を元気にいたします。
2015年4月からは、安定器が国内製造製品に!
より、安心・安全の製品を提供することが可能となりました。

単に物売りではありません。
お困りの事は、何でも解決いたします。お気軽にお問い合わせください。