2014年11月に導入させて頂いた金属加工会社様が、なぜ無電極ランプにしたのか?

その一番の理由が

  • 金属のウネリが見つけにくい
  • 細かいキズが発見できない

この2点に集約されています。

当初は、高所用LEDで検討されていたとのことですが、実際にサンプルで試してみると、納品された金属プレートなど検品時に上記2点を発見することが出来ず、加工時にそれが判明してしまい、大きなロスが出るとのこと。

また、LEDは指向性が高く確かに明るいのだが、局所的なため、思わぬところで影ができてしまい、余計に検品時に見づらくなるとのことでした。

ご連絡頂き、お見積りの時点で、この内容を仰って頂き、お陰様で対抗の高所用LEDも無く、即決で決めて頂いたエピソードがあります。

では、導入後どうだったのか?

  • 光りの質がLEDと全く違う。予想以上の明るさだ!
  • 演色性が高いから、見やすくなった。
  • 全体が明るく影が少なくなったので、検品時に効果が絶大!
  • 合わせて、作業効率もアップすることができた
  • 何と言っても、省エネ。電力削減効果抜群!

と、大絶賛頂き、ご満足頂けています。

また、2014年末には、大手金属会社様からも、問い合わせを受け、今回導入させて頂いた金属加工会社様と全く同じことでの問合わせでした。高所用LEDでは、金属工場では使えない…と

違うセクションでは、LEDで検討しているが、このセクションでは、無電極ランプでの検討で、安心・安全で信頼性の高い日本製で一番明るいのをチョイスしたいとのことです。

早速、サンプル機を送り実際の光りをご体感頂き、現在サンプル導入の検討を行って頂いております。
サンプルご導入後の結果が楽しみです。

ポイントは、

  • 何と言っても光りの質。演色性が高く、全体を照らせること
  • スポット的に明るい指向性の高いだけではダメ。余計な影が出来る原因となる
  • 自然光にいかに近いか?

こんなとこでしょうか?
照明の選択は、単に知名度が高いだけでは、失敗する可能性があります。

いかに光りの質を見極め、コストパフォーマンスに似合ったベストな照明をチョイスすること!

これが、結構難しいんでしょうね。

そのために、我々が存在します。判らないこと、些細な事でも何でもお問合わせください。

Author Profile

yuuzenhttp://www.yuuzen.co.jp/
こんにちは。
株式会社ユウゼンの 「井上 学」 と申します。
地上デジタル用の浴室テレビ関連を専門に扱っております。
大手ソフトウエア会社3社でプログラマー・SEの経験後、大手製造業・ファブレス企業の地上デジタル関連製品でのプロダクトマネージャー職を経験後、独立いたしました。
地上デジタル製品を製造側の立場として提供してまいりましたが、地上デジタル化で、お悩み、お困りになられている方々が以外に多い事に気づきました。
これまで製品に携わってきたノウハウを生かして、少しでも皆様のお役に立ちたい。
それが純粋な私の気持ちです。
2013年度から新たに、倉庫・工場で使用されている水銀灯の代替え製品『LVD無電極ランプ』の展開を始めました。 『LVD無電極ランプ【エコ太郎】』は大幅電力ダウンが可能な優れもの。さらにLEDよりも長寿命、太陽光に一番近い照明で、ランニングコスト・メンテナンス費用も大幅に抑える事が可能です。眩しく無いのに明るい照明なので、作業効率UPにも貢献し、企業を元気にいたします。
2015年4月からは、安定器が国内製造製品に!
より、安心・安全の製品を提供することが可能となりました。

単に物売りではありません。
お困りの事は、何でも解決いたします。お気軽にお問い合わせください。