LVD無電極ランプといえば「エコ太郎」安心・安全の国内製造品です

演色性の高さ【太陽光により近い】

太陽光に近い自然の発色で作業ミスの防止

太陽光により近い演色性(80Ra)より自然な色を表現し作業ミスを軽減します。

生鮮食品を販売するスーパーマーケットなどにも最適な照明です。

一般的に、演色性が高いと人間の目には明るく感じる事ができ、照度が低くても演色性が高いことで明るさをカバーすることができます。光源が大きく、柔らかいLVD無電極ランプ【エコ太郎】の光は、人の目に優しくより明るく感じることのできる空間を演出します。

水銀灯のように、一度消してからの再点灯時間はLVD無電極ランプは全く掛りません。

点灯までの時間ロスもなく、こまめに消灯して節電が可能です。
※ 昼休み1時間の消灯で年間で考えると、約1ヶ月分の電気代が節約できます。

<演色性の違いによる食品の見え方>
水銀灯などのランプ【演色性が低い】演色性の無い照明の食品の見え方赤みが無くなり鮮度が落ちたように感じる 無電極ランプ【演色性が高い】演色性の高いLVD無電極ランプの食品の見え方食品の鮮度が高く美味しそうに見える

演色性と購買意欲に関する研究は多方面で進められていますが、演色性が高いことが高い購買意欲を生むことは周知の事実です。生鮮食品を取扱うスーパーに加え、演色性が求められる車関連施設(カーディーラー、車の塗装工場等)にもおすすめ致します。

無電極ランプは見やすさ・色が「鮮明」

ブルーライトや偏った光の場合…..

LED照明に替えたら、
「顔色が青白く見える」
「レストランの料理が美味しそうに見えない」
「お店の中の照明にすごく違和感を感じる」
それは、演色数が低く、色の波長が偏っているからなのです。